キャリア

転職前の社員訪問のメリット4選【経験者が徹底解説】

ページに広告が含まれる場合があります

こんにちは、たつのです。

転職前に社員訪問ってした方がいいのかな?社員訪問のメリットを知りたい。

と悩んでいませんか?

転職前に希望の会社の社員から直接会社のことについて話を聞いて企業理解を深めることは、転職後のアンマッチを防ぐことにつながります。

僕自身も転職前に社員訪問をし、ネットには落ちていない会社の良いところも良くないところも知ることができました。

その結果、納得した上で転職することができたので、特に転職後の後悔のリスクをできるだけ小さくしたい人には社員訪問がおすすめです。

この記事では、社会人が転職前に社員訪問をするメリットや社員訪問の方法まで詳しく解説します。

記事を読むと、社員訪問の重要性と充実した社員訪問の手法を学ぶことができます

社員訪問とは

まず、社員訪問とはですが、これは転職のときに希望する会社の社員を訪ねて、会社について直接話を聞くことです。

学生時代に希望の会社にいる大学の先輩を尋ねたOB・OG訪問の社会人版ですね。

社会人が転職前に社員訪問するメリット4

転職前に社員訪問するメリット

  1. 転職後に後悔するリスクを最小限にできる
  2. 企業理解を深められる
  3. 転職のモチベーションアップ
  4. 知り合いができる安心感

1.転職後に後悔するリスクを最小限にできる

転職前に抱いているその会社や職種のイメージと実際のミスマッチが起きると、「思っていたのと違う…」「こんな話は聞いていない」などと転職後に後悔する大きな要因になりかねません。

ところが、社員訪問を通して、実際に会社で働く社員の「生の声」を聞くことで、転職後に後悔するリスクを最小限にすることができるんです。

たつの
僕が転職前に社員訪問をした1番の理由です。

2.企業理解を深められる

転職前の企業研究も転職後の後悔を防ぐためには重要です。

でも通常、企業研究には、会社HPや会社の口コミサイトなどネットの情報しか参考にできず、どんな会社なのかを理解するにはどうしても限界があります。

しかしながら、その会社で働いている人から直接会社での働き方や雰囲気を聞くことができれば、ネットにはない貴重な情報を得ることができ、より企業理解を深めることができます

3.転職のモチベーションアップ

あなたが転職したいと思っている会社で働く人と話していると、その会社であなた自身が働くイメージが湧いてくるので、自然と転職のモチベーションが上がります

転職活動中は、選考が進んでいくことでしか転職のモチベーションってなかなか上がらなかったりするので、社員訪問後の残りの選考を気持ちを高めながら乗り切ることができます。

4.知り合いができる安心感

転職すると入社した会社に知り合いがいなく、どうしても心細い気持ちになります。

でも、社員訪問をしていて、入社前に話したことがある人が在籍しているだけで、不思議とちょっとした安心感があります

たつの
僕が社員訪問した人はもともと顔見知りでしたが、入社後にその人が社内にいるというのは心強かったです。

社員訪問で確認すべきこと

社員訪問する前には、必ず社員訪問の目的を明確にして、話を聞く優先順位を決めましょう。

これは、アポの時間が限られると思うので、1番知りたいことを優先的に聞けるようにするためです。

目的が明確になったら、あとは何を聞くかです。

たつの
僕が実際に社内訪問で話を聞いた内容をご紹介します。

▼後悔しないために

  • 率直な会社の良いところ・良くないところ
  • 入社して感じた入社前後のギャップ

▼会社を知るために

  • 会社・社員の雰囲気・働きがい

▼働き方を知るために

  • 働くオフィスの環境
  • 平均の残業時間
  • テレワークの活用状況

▼入社後のキャリアの参考に

  • 訪問した社員のキャリアプラン

良いところだけでなく、話をしてくれる社員が率直に感じる会社の良くないところも必ず聞くのがポイントです。

その会社の良くないところも納得した上で転職すれば、入社後に後悔するリスクは最小限にすることができます。

たつの
僕も良くないところを社員訪問で聞けたおかげで、転職後の満足度は高かったです。

転職前に社員訪問する適切なタイミング

1番ベストなタイミングは、応募前〜採用面接前までです。

なぜなら、社員訪問をして企業理解がかなり深まり、その企業への転職希望もある程度固まった状態で採用選考に臨むことができるからです。

たつの
僕は1次面接の前にアポイントを取って、話を聞かせてもらいました。

転職後に後悔しないために社員訪問することが1番の目的であれば、選考が始まってから内定をもらうまででもOKです。

ただし、社員訪問で企業理解を深められることを考えると、余裕を持って社員訪問することをおすすめします。

転職前に社員訪問する方法

あと問題は、訪問する会社の人へどうやってアプローチするかですね。

たつの
これが社会人が社員訪問をする1番の問題でして・・・、全く別の会社の人を捕まえるのってなかなか難易度高いです。

しかし、1つ目は力技ですが、2つ目にご紹介する新しいサービスを使うと、今までできなかった社員訪問が可能になるかもしれません!

1.知人から紹介してもらう

あなたの知人が希望の会社にいれば良いですが、いなければ、知人に知り合いが働いていないか当たってみましょう。

今の会社と同業界への転職であれば、会社の同僚に聞いてみると、同僚の知り合いが働いているかもしれません。

あなたの会社から過去に誰かが希望の会社に転職している可能性もあるので、同僚に「〇〇会社に転職した人っていなかったっけ?」となんとなく聞いてみると、意外と見つかるかもしれません。

たつの
僕の場合は、たまたま同じ会社にいた先輩が僕の希望の会社に転職していたので、同僚から連絡先を聞いてアポイントを取りました。

2.社員訪問サービスを利用する

知り合いがあなたの希望の会社で働いていることはなかなかないと思います。

その場合は、オンライン社員訪問サービスを利用してみるのも手です。

オンライン社員訪問サービスのcareena(キャリーナ)は、約1,000以上の会社に所属経験のある人から、キャリアの経験談を聞くことができる新しいサービスです。

あなたの希望の会社で働いている人、あるいは過去働いていた人がいれば、その人から会社での経験を聞くことができます。

お持ちのFacebookアカウント(なければ、その場で作成可能)で無料登録できるので、ぜひのぞいてみてください。

careena(キャリーナ)公式HPhttps://careena.jp/

関連記事careena(キャリーナ)は利用すべき!評判と使ってみた感想を解説

転職前の社員訪問のメリットまとめ

以上、社会人が転職前に社員訪問するメリットや社員訪問の方法について解説しました。

転職してから「この会社にするんじゃなかった…」と思っては、それまでの転職活動が水の泡です。

転職前に希望の会社の社員から「生の声」を聞くことで、転職後の後悔のリスクを最小限にすることができるので、ぜひ社員訪問を活用してみてください。

\ この記事が気に入ったらシェアしよう!/

  • この記事を書いた人

たつの

外資系企業で部下なしマネージャー|仕事で使う言語は7-8割が英語|転職サイト・エージェント20社の利用経験|純ジャパ、海外留学・在住経験なし、初めての海外旅行25歳|英語力ゼロの状態から英語を話せるようになるために大手日系企業▶︎外資系大企業へ転職成功|現在外資へ転職で年収2倍|外資転職に関するご相談はお問い合わせフォームへ

-キャリア
-,