外資系転職

リクルートエージェントの解約・退会方法!注意すべき点とは【1分で完了】

ページに広告が含まれる場合があります

こんにちは、たつのです。

リクルートエージェントの退会は簡単にできる?

どうやるのが正解?

リクルートエージェントの退会は簡単1分で完了できます。

この記事では、リクルートエージェントの確実な退会方法と不要な退会を防ぐチェックポイントを解説します。

記事を読みながら、一緒に退会をサクッと完了させることができます。

退会手続きだけでは個人情報は削除されない

リクルートエージェントに提供した個人情報(氏名・生年月日・住所など)は一定期間後に削除されます。

そのため、もし退会と合わせて個人情報の削除を希望する場合は、次の「リクルートエージェントの退会方法」を参考に削除依頼をしましょう。

リクルートエージェントの退会方法

退会する方法は大きく2つです。

  • 転職支援サービス退会フォームから申請
  • 担当コンサルタントへ連絡

僕は転職活動が終了して、過去リクルートエージェントを退会したときには、担当コンサルタントへ連絡して退会しました。

お世話になってのでコンサルタントへお礼を言いたい場合はコンサルタントへ連絡、それ以外は退会フォームからの申請でOKです。

退会フォームから申請

3ステップの1分で完了です。

step
1
退会(キャンセル)手続きページへアクセス

リクルートエージェントの退会手続きページ

退会手続きページへアクセスし、「退会(キャンセル)手続きへ進む」をクリック

step
“2”
登録内容の入力

リクルートエージェントの退会手続きの登録内容入力ページ

氏名・メールアドレス・生年月日を入力して「同意して次へ」をクリック

step
“3”
登録内容の入力

リクルートエージェントの退会手続きの登録内容入力の確認ページ

「この内容で送信する」をクリックして、自動配信メールを受信すれば完了!

担当コンサルタントへ連絡

連絡の際のメール案は以下を参考にしてください。

個人情報削除の依頼

個人情報の消去については、ヘルプページには以下のように記載があります。

こちらも1分で完了です。

リクルートエージェントの問い合わせページ

お問い合わせフォームへ必要事項入力し、「同意の上、送信する」をクリックで完了!

お問い合わせ内容のカテゴリ:

転職支援サービス>個人情報の取り扱いについて

お問い合わせ内容(例):

退会を別途依頼しました。

ご提供した個人情報の削除を希望しますので、退会の手続きが完了しましたら、合わせて削除をお願いいたします。

不要な退会で損をしないために

以下の理由でリクルートエージェントの退会を考えている場合、必ずしも退会は必要ないかもしれません。

  • 担当コンサルタントの対応に不満がある
  • 諸事情で一時的に転職活動は中断するが、いずれ再開予定

あなたが退会して本当にプラスになるのかを退会をする前に考えましょう!

リクルートエージェントは転職支援実績が業界トップだし、退会する前に最大限活用したいよね!

担当コンサルタントの変更が可能

実は担当コンサルタントの変更が問い合わせフォームからできるんです。

コンサルタントの変更は簡単にできるの?

問い合わせフォームから1分できるよ!
たつの

「コンサルタントとなんかうまくいかない」と感じたら、退会する前にコンサルタントの変更を依頼してみてはいかがですか?

リクルートエージェントの問い合わせページ

お問い合わせフォームへ必要事項入力し、「同意の上、送信する」をクリックで完了!

お問い合わせ内容のカテゴリ:

転職支援サービス>サービス内容について

お問い合わせ内容(例):

いつもお世話になっております。

以下の理由で担当キャリアアドバイザーの変更をお願いしたく存じます。

キャリアアドバイザー変更希望理由:

ぜひ他のアドバイザーにもキャリア相談をし、自分のキャリアを多角的に見ていただいた上で、最善の方向性を検討したいため。

ご不明点がありましたら、お知らせください。

よろしくお願いいたします。

コンサルタントの変更には、変更希望理由を添える必要がありますので、迷ったら、上の例を参考にしてください!

退会せずに転職活動を継続

転職支援サービスを退会すると、マイページのPersonal Desktopへログインできなくなります。

そうすると、求人検索ができないだけでなく、非公開求人はコンサルタントを介してでないと自力で見ることもできないので、リクルートエージェントが持っている求人情報に全くアクセスできなくなってしまいます

なので、「転職活動自体は一時中断するけど求人動向は把握しておきたい」と思ったときには、退会はせずに、コンサルタントから非公開求人情報は引き続き送ってもらうように依頼し、マイページにログインできる状態にしておくのも一つの方法です。

あなたが希望している求人を引き続き提供してもらえるかなど含めて、まずは担当コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

メールで連絡するときの案を記載しますので、参考にしてみてください。

件名:転職活動中断のお知らせ

(転職エージェント名)〇〇様

いつもお世話になっております。〇〇です。

この度、諸事情により、転職活動を一旦中断することにいたしました。

ただし、転職活動をスムーズに再開できるように、引き続き求人動向は把握しておきたいと考えています。

つきましては、大変恐れ入りますが、今後も非公開求人を含め、私の希望に沿った求人をご提供いただけないでしょうか。

お忙しいところ、ご迷惑をおかけしますが、引き続き、〇〇様のサポートをいただけると幸いです。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

〇〇

まとめ:リクルートエージェントを最大限活用してから退会しよう!

以上、リクルートエージェントの退会はとても簡単です。

しかし、退会せずにリクルートエージェントを使用した方が、あなたにとってプラスの場合もあるので、「退会するのが自分にとってはいいのか?」と自問してから退会しましょう!

\ この記事が気に入ったらシェアしよう!/

  • この記事を書いた人

たつの

外資系企業で部下なしマネージャー|仕事で使う言語は7-8割が英語|転職サイト・エージェント20社の利用経験|純ジャパ、海外留学・在住経験なし、初めての海外旅行25歳|英語力ゼロの状態から英語を話せるようになるために大手日系企業▶︎外資系大企業へ転職成功|現在外資へ転職で年収2倍|外資転職に関するご相談はお問い合わせフォームへ

-外資系転職
-