外資系転職

リクルートエージェントの評判は?利用すべき人まで利用者が徹底解説

ページに広告が含まれる場合があります

こんにちは、たつのです。

リクルートエージェントの口コミや評判はどんな感じなんだろう?良いところも良くないところも知りたい。

実際にリクルートエージェントを利用している僕個人的には、リクルートエージェントは確実に登録すべき転職エージェントです。

なぜなら、なんといっても業界トップの求人数を誇るからです。つまり、他のエージェントにはないあなたにマッチする求人に出会える可能性があるんです。

そんなリクルートエージェントですが、正直なところ、良い口コミだけでなく、良くない口コミもあります。

でも、良くない口コミからリクルートエージェントの傾向を知っておくことで、うまく対処することができ、リクルートエージェントの良さをうまく活用することができるんです。

この記事では、リクルートエージェントの口コミを紐解き、リクルートエージェントのメリット・デメリットと迷わず利用すべき人を解説します。

記事を読み終わると、あなたがリクルートエージェントを利用すべきか、またリクルートエージェントの有効な活用方法がわかるようになります。

リクルートエージェントの他社に負けない特徴

リクルートエージェントは説明不要の株式会社リクルートが運営する業界トップの転職エージェントです。

そんなリクルートエージェントの特徴である強みは4つです。

他社に負けない特徴

  1. 驚異的な求人数
  2. 幅広い職種を網羅
  3. 全国の勤務地に対応
  4. 転職支援実績No.1

特徴①驚異的な求人数

ご覧のとおり、リクルートエージェントの求人数は公開、非公開含め、業界の中でも群を抜いています。

公開求人

非公開求人

リクルートエージェント

約27.4

約27.4

doda

約20.0

PASONA

約4.5

非公開

マイナビエージェント

約6.0

約1.9

*2024年1月現在

たつの
僕もリクルートエージェントを利用した理由の一つが、この求人数です。

特徴②幅広い職種を網羅

求人の職種数はなんと約200もあり、かなり幅広い職種の転職をカバーしていることがわかります。

他の転職エージェントにはないけど、リクルートエージェントだったらある職種の求人も中にはあるかもしれません。

特徴③全国の勤務地に対応

他の転職エージェントでは、地域が限定されているところもありますが、リクルートエージェントは全国の勤務地をカバーしています

各地域の都市部を中心に全国に16の拠点があるので、対面でのサポートも比較的してもらいやすいのが特徴です。

ちなみに、勤務地で海外も選べます。

たつの
ただ、担当キャリアアドバイザーに「海外の転職もサポートしてるんですね」って聞いたら、「メインはあくまでも国内なので、海外での転職は外資の転職エージェントの方が強いです」と言っていました。さすが海外への転職サポートはにそこまで多くないみたいですね。

特徴④転職支援実績No.1

業界トップの求人数だけでなく、実績豊富なアドバイザーや充実の転職サポートもあり、転職支援実績No.1の転職エージェントです。

たつの
これだけサポート体制が整っていれば、転職支援実績No.1もうなずけます。

リクルートエージェントのメリット・良い口コミ

では、実際にリクルートエージェントを利用したユーザーは、どんなところに満足しているのでしょうか。

口コミをもとにリクルートエージェントを利用するメリットを紐解いていきます。

利用するメリット

  1. 公開・非公開求人数の多さ
  2. 業界経験者もいる専門性とサポート力の安心感
  3. ウェブ上で完結する職務経歴書の作成

メリット①:公開・非公開求人数の多さ

何と言っても求人数の多さは1番のメリットと言えます。

求人数は転職エージェントの中でもトップなので、他の大手の転職エージェントが持っていない求人に出会える可能性もあります。

地方も網羅しているのは、やはり強みです。

▼口コミ:求人が多い

リクルートエージェントはおすすめですよ。

求人多いし、質も良い求人が多いです。

出典:twitter

▼口コミ:地方にも魅力的な求人がある

リクルートエージェントは登録してみて良かった。そのくらい求人数多いし、便利。地方でも魅力的な求人があることに気づけた。

出典:twitter

リクルートエージェントの転職支援サービスに登録すれば、非公開求人も紹介してもらえるようになります。

たつの
なので、求人数の多さの恩恵を受けるには、転職支援サービスの申し込みは必須です。

メリット②:業界経験者もいる専門性とサポート力の安心感

僕の経験談ですが、担当のキャリアアドバイザーは、僕の志望する業界の出身者で、業界とその職種の専門性が高く、かなりの安心感がありました

リクルートエージェントの安心感は業界の専門性だけにとどまりません。

親身になって転職の方向性や職務経歴書、面接対策のアドバイスをもらえるので、その点でユーザーの満足度が高いようです。

▼口コミ:プロとしてのアドバイスをもらった

【リクルートエージェント】@recruit_agent 他と比べ圧倒的にアドバイスが的確でレスポンスが速かったです。 来週初面接だ!って自己PRやら志望動機やら考えて、面接練習して…となったとき。メールや電話でプロとしてアドバイスくれたり面接のコツを教えてくれたり、、 いつかまた使いたいです。

引用:twitter

▼口コミ:親身になってアドバイスをくれた

過去も含めて3社利用しましたが、リクルートエージェントが1番親身に聞いてくれた気がします

前回の初転職でもちゃんと話聞いてくれて、導いてくれてる感が1番あったのは上記でした。私の友人も上記で何も妥協することなく今年の2月に転職してます!担当によるとは思いますがそんな感じです

引用:twitter

▼口コミ:結構親身に考えてくれてとても良かった

先日転職サイトってどんなもんだろと思ってリクルートエージェントに登録してみた。んで今日キャリアアドバイザーと電話面談してみたんだけど結構親身に考えてくれてとても良かった!

転職をゴリ押ししてくるわけでなくて今の年収と勤務時間等を伝えたうえで今後の転職先などアドバイスもくれた。

引用:twitter

たつの
業界の専門性が高く、親身になってサポートしてくれるキャリアアドバイザーは心強いです。

メリット③:ウェブ上で完結する職務経歴書の作成

リクルートエージェントの職務経歴書エディターというツールを使うと、PC・スマホで簡単に作成することができるのは、効率よく転職活動を進められるので、大きなメリットと言えます。

▼口コミ:ウェブで履歴書・職務経歴書作成できて便利

2021年3月

転職を決意し、リクルートエージェントに登録。履歴書・職務経歴書を作成し始める。

web上で出来るので、仕事の空いた時間でも少しづつ進められてかなり便利。

引用:twitter

特に初めての転職の場合、職務経歴書を1から作るのって面倒だったりしますよね。

リクルートエージェントの職務経歴書エディター
職務経歴書エディター|出典:リクルートエージェント

職務経歴書エディターを使うと、スマホで仕事や移動のスキマ時間にちょこちょこ作成もできるので、効率的に進めたい人にとっては便利なツールです。

最終的にWordファイルやPDFでダウンロードもできるので、他の転職エージェントや転職サイトでもここで作成したものを使うのもよし。

PCを持っている場合は、Googleドキュメントで保管しておくと、今後更新もしやすいですし、ファイルの保管にも困らないのでオススメです。

その他の良い口コミ

リクルートエージェントを利用したユーザーの口コミは他にも色々ありましたので、いくつかご紹介します。

▼口コミ:良い職場を紹介してくれた

転職、いいと思うよ!

私も昔転職して、本当に精神的にめちゃくちゃ楽になったことある

リクルートエージェントにお世話になったんだけど、とても人間関係の良い職場を紹介してもらえてめっちゃ感謝してるー

出典:twitter

▼口コミ:内定複数、そのうち2つは上場企業

内定が複数!しかもそのうち二つは上場企業!今よりも待遇も休みも良くなる! でもその分全国転勤がある、失うものも小さくない、、よく考えて決断しなくちゃいけない、キャリアアドバイザーの人もすごく親身なってくれてありがたいです。是非転職の際はリクルートエージェントに相談を

出典:twitter

▼口コミ:3社の中でリクルートエージェントが1番親身に聞いてくれた

過去も含めて3社利用しましたが、リクルートエージェントが1番親身に聞いてくれた気がします。

出典:twitter

▼口コミ:導いてくれてる感が1番あった

前回の初転職でもちゃんと話聞いてくれて、導いてくれてる感が1番あったのは上記でした。私の友人も上記で何も妥協することなく今年の2月に転職してます!担当によるとは思いますがそんな感じです。

出典:twitter

▼口コミ:当事者意識をもって接してくれた

[転職のときにつかったツール]

①リクルートエージェント

いくつか登録していたが、フル活用したのはこれ。最も当事者意識をもって接してくれたのが安心感でした。他は手当たり次第に求人情報を送ってくるので、私に寄り添ってる感は感じなかった。

出典:twitter

▼口コミ:めちゃくちゃ優しかった

リクルートエージェントに相談しました。

何も分からないので丁寧に教えていただきました。

めちゃくちゃ優しかったです。

労働環境心配されました😇

引用:twitter

リクルートエージェントのデメリット・良くない口コミとその対策

ここまでリクルートエージェントの良いところばかり見てきましたが、もちろん良くない口コミも一定数存在します。

利用するデメリット

  1. 担当者の能力・対応がピンキリ
  2. 希望と異なる求人の紹介
  3. 対応が遅い場合がある
  4. サポートを断られる可能性

我々としては、可能な限り、不愉快な思いはしたくないですよね。

ただ、残念ながら、担当のキャリアアドバイザーに依存する状況もあるので、避けようのない不運なこともどうしてもあります。

しかしながら、「それは困るよ」ってことが起きた時に、対処方法を知っているだけでも、リクルートエージェントを利用する時の不安は取り除けるはずです。

それでは、実際の口コミとともに見ていきましょう。

デメリット①:担当者の能力・対応がピンキリ

親身になって丁寧にユーザーに寄り添うキャリアアドバイザーもいれば、残念な対応をするアドバイザーも一定数います。

▼口コミ:上から目線に感じる

意外とコミュ障とかだと上からなリクルートエージェントいるんだよな

お金は企業側から貰ってるから仕方ないのか

出典:twitter

▼口コミ:早い対応を迫られる

リクルートエージェントに登録したんだけど、早くキャリアシートを書け修正しろ、職務経歴書を書け。任意のところも書けって今日だけで8通来た。流石にイライラしてきた。

出典:twitter

▼口コミ:相性が合わない人だった

転職しようとリクルートエージェント面談申し込んだけど、担当の方が私には合わなくてやる気が無くなった

Zoom面談だったけど、すぐに私の直感が働き

「あ、この人に相談は無理だな」って思ってしまった(笑)

引用:twitter

ここからが問題で、こういう残念な人に当たってしまったときにどうするか。

対策としては2つです。

対策①:担当者変更を依頼する

転職エージェントでは、明確な理由があれば、担当者変更の依頼をすることができます。

不快に感じたり、合わないと感じたキャリアアドバイザーがついてしまったときは、「退会」の2文字が頭を過ぎるかもしれません。

しかし、退会してしまっては、リクルートエージェントを利用するメリットの恩恵を受けられなくなってしまうので、非常にもったいないです。

もしかしたら、あなたに合う求人がリクルートエージェントが保有する求人情報の中から見つかるかもしれません。

なので、初めについた担当者に不満がある場合は、退会ではなく、一度担当者変更を依頼してみてください

関連記事リクルートエージェントの担当者変更は可能!転職成功の依頼方法と注意点

対策②:他の転職エージェントも並行して依頼する

担当者に不満が出る前から、活用すべき手段です。

利用する転職エージェントが1社だけでは、比較対象がないので、その会社・担当者の良し悪しがわかりません。

担当者交代後も不満が続いたときに、複数のエージェント利用であれば、思い切ってそのエージェントから退会することもできますし、3社であれば、それぞれのキャリアアドバイザーからもらったアドバイスのいいとこ取りもできます

なので、転職エージェントは3〜4社の併用をオススメします。

デメリット②:希望と異なる求人の紹介

希望とは違う求人が紹介されてくるという口コミも多いようです。

▼口コミ:相談時に伝えた希望条件とは全然違う求人が提案される

リクルートエージェントを登録して利用している。もう少し「個」として相談に乗ってくれるのかと思ったけど、「30代・女」としか見られていないし、相談時に伝えた希望条件とは全然違う求人が提案される。「親身に相談」は無いので期待し過ぎはNG!

出典:twitter

▼口コミ:希望と違う求人送られてくる

リクルートエージェント使えねぇな。

応募出しても合否連絡が遅いし、希望と違う求人をガンガン送られるし時間の無駄だったわ。

出典:twitter

希望と異なる求人が紹介されてくることの考えられる原因としては、以下の3つを推測します。

希望と異なる求人が紹介されてくる原因

  • キャリアアドバイザーがあなたの希望を単純に細かく把握できていない
  • アドバイザーがあなたの話を聞いていなかった
  • アプリで設定した希望条件の求人が自動で送られてきている

この原因を踏まえての対策は2つです。

対策①:担当者になぜ希望の違う求人が送られてくるのか聞いてみる

遠慮せずメールか電話で、なぜ違う求人が送られてくるのか聞いてみましょう。

キャリアアドバイザーがきちんとあなたの条件を把握していなかったのか、はたまた他の理由があるのか、わかるはずです。

たつの
ちなみに同じ事例を経験したことがありますが、担当者に聞いたら、僕の場合、アプリでざっくりな希望条件に合う求人をメールで送ってもらう設定にしていたのが原因でした(笑)

対策②:担当者変更を検討

他にも対応に不満があり、転職活動がうまく進まないようであれば、担当者変更を検討してみてください。

デメリット③:対応が遅い場合がある

担当者の対応が遅い場合、以下の原因2つを考えます。

  • 担当者の仕事をさばく能力が低い
  • 対応の優先順位を下げられている

▼口コミ:レスポンスが遅い

今回のリクルートエージェントの担当ハズレだ。

とにかくレスポンス遅い。

出典:twitter

▼口コミ:動きが遅く、サポートの柔軟性がない

リクルートエージェント無能すぎるな。

動き遅いくせにサポートの柔軟性もない

出典:twitter

▼口コミ:連絡が遅い

リクルートエージェントさん、

やはり前に使った時よりも自力が落ちてる気がする(私の商品力の問題?)。

ライフワークバランスのせいか、休みばっか取って連絡遅いし、日程調整やアドバイス、年収交渉もやってる感がない。

返事と愛想だけいい人は要らないのにな。

人によるのかな。

出典:twitter

基本的には、すぐに転職する意思を示せていれば、迅速なサポートをしてもらえるはずです。

もし対応の遅れが気になる場合、もしくは、事前に「担当者の対応が遅い」を防ぎたい場合は、以下の対策を試してみてください。

対策①:担当者変更の依頼

選考も進んでいて、対応が遅い状態が続く場合は、担当者変更を依頼しましょう。

対策②:転職する意思表示を強くしておく

事前にできることとすると、初めの転職支援サービスの申し込み時の「転職時期」の選択に気をつけることです。

いい会社が見つかればすぐにでも転職したい場合は、特別な理由がない限り、転職時期を少なくとも3カ月以内までを選択しておきましょう

転職エージェントは転職希望者が企業に入社することでお金をもらえるので、すぐに転職する意思表示をしておくことで、優先順位を高めて転職サポートをしてもらうことができます

たつの
僕も以前、「3ヶ月以内」の転職を希望して登録したら、担当者の対応の遅さは感じなかったので、思い切って早めの転職の意思を示してみてください。

デメリット④:サポートを断られる可能性

一部、転職支援サービスを申し込んでも、職歴に転職が不利になる特徴があると、サポートを断られるケースがあるようです。

▼口コミ:職歴短すぎて断られた

まさかの職歴短すぎてリクルートエージェント断られた笑

出典:twitter

ただし、これは転職支援サービスに登録してからでないと、サポートを断られるかはわかりません。

まずは、リクルートエージェントの転職支援サービスに申し込んでみましょう

そして、サポートを断られた場合、または断られることを想定して、以下の対策がオススメです。

対策:他の転職エージェントも並行して依頼する

これは「デメリット①:担当者の能力・対応がピンキリ」でも効果的な対策なので、サポートを断られなくても、他のエージェントも登録しておくべきです。

例えば、「新卒で入社後すぐ辞めてしまった」ということであれば、新卒後3年以内の退職者をターゲットとしている第2新卒に特化型の転職エージェントに登録してみると、サポートしてもらいやすいです。

リクルートエージェントを利用すべき人

ここまでのリクルートエージェントの良い口コミ・良くない口コミからみたメリット・デメリットを踏まえて、リクルートエージェントを利用した方がいい人の特徴を挙げていきます。

利用すべき人

特徴①:初めての転職の人

特徴②:自分の可能性を見出したい人

特徴③:キャリアアドバイザーに任せきりにしない人

特徴④:都市部はもちろん、地方で転職したい人

特徴①:初めての転職の人

やはり、求人数の多さと職務経歴書の作成の簡便さ、優秀なキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえることを考えると、初めての転職ではリクルートエージェントを確実に利用したいです。

リクルートエージェントの求人から選考に繋がらなくても、リクルートエージェントの転職を成功させるための職務経歴書作成や面接のアドバイスを吸収できれば、あなたにとってプラスになります。

なので、安心感のある転職サポートを受けたい人は、リクルートエージェントを利用すべきと言えます。

ただし、担当者の当たり外れがあり、こちらからは選べないので、デメリットに挙げた対策として、他の転職エージェントにも並行して登録しておくことを強くオススメします

特徴②:自分の可能性を見出したい人

前向きにキャリアップのため、別業界への転職にチャレンジしたい人や自分のキャリアにどんな可能性があるのかを知りたい人は、リクルートエージェントを利用する価値があります。

なぜなら、「メリット③:業界経験者もいる専門性とサポート力の安心感」でご紹介したように、キャリアアドバイザーの業界の専門性が高いからです。

あなたと同じような職務経歴の人がどんなキャリアアップを遂げているのかも知っているので、自分ではではなかなか考えられないキャリアの方向性も提案してもらうことができます

たつの
僕の場合、一度別業界へ転職し、そこのノウハウを学ぶことで、今の職種からダイレクトでは転職できない職種への転職方法を教えてもらいました。

特徴③:キャリアアドバイザーに任せきりにしない人

キャリアアドバイザーのサポートは無料ですが、リクルートエージェントはボランティアで求職者のサポートをしているわけではありません。

キャリアアドバイザーからのアドバイスを有効活用しつつ、自立して転職活動を進めるのが転職を成功させるポイントです。

例えば、

  • 会社選びをキャリアアドバイザーに任せっきり
  • 転職先の企業研究もまともにやらずに、キャリアアドバイザーからの情報ばかり得ている
  • 職務経歴書をまともに作成せず、キャリアアドバイザーの添削に頼る

など、無料で転職のサポートをしてくれるからといって、担当者に頼りすぎると転職がうまくいかない可能性も出てくるので、要注意です。

特徴④:都市部はもちろん、地方で転職したい人

リクルートエージェントでは、求人の勤務地は全国を網羅しているので、地方で転職したい人も利用しやすいのは大きいです。

地方での転職希望の人も一度リクルートエージェントを登録してみると、魅力的な求人に出会えるかもしれません。

まとめ:良くない口コミの傾向と対策を知って、安心して利用しよう

以上、リクルートエージェントの口コミについて解説しました。

良くない評判も一定数ありますが、ただその口コミだけを見て、安易にリクルートエージェントを利用しないのは非常にもったいないです。

良くない口コミの傾向から対処法を知ることで、リクルートエージェントの良さを最大限活用して、転職を成功させましょう。

\ この記事が気に入ったらシェアしよう!/

  • この記事を書いた人

たつの

外資系企業で部下なしマネージャー|仕事で使う言語は7-8割が英語|転職サイト・エージェント20社の利用経験|純ジャパ、海外留学・在住経験なし、初めての海外旅行25歳|英語力ゼロの状態から英語を話せるようになるために大手日系企業▶︎外資系大企業へ転職成功|現在外資へ転職で年収2倍|外資転職に関するご相談はお問い合わせフォームへ

-外資系転職
-,