外資系転職

【辛口評価】ロバート・ウォルターズの評判は?体験談に基づく注意点を徹底解説

ページに広告が含まれる場合があります

たつの
現役の外資系社員で、今までに20社以上の転職エージェント・転職サイトを利用しています。
これらの悩みを解決する記事をご用意しました。

たつののプロフィール

ロバート・ウォルターズは特に英語力を活かした外資系転職に強い転職エージェントで、結論、以下のような人におすすめです。

\こんな人にオススメ/

  • 英語力に自信のある人
  • 外資系企業に転職したい人
  • 年収500万以上を狙っている人
  • 関東・関西の勤務地を希望している人

たつの
「英語力を活かした仕事をしたい」「外資系に転職をしたい」人には、ロバート・ウォルターズはおすすめのエージェントのひとつ。

ただし、コンサルタントの押しがすこし強いなど、上手にエージェントを利用するためにも注意が必要です。

この記事を読むと、あなたがロバート・ウォルターズを使うべきかがわかり、上手な利用のコツを身につけることができるようになりますよ

はじめての外資系転職を成功させる方法全9ステップ【外資社員が教える】」では、はじめての外資転職のロードマップやおすすめの転職エージェント3選も公開しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

あわせて読みたいはじめての外資系転職を成功させる方法全9ステップ【外資社員が教える】

「ロバート・ウォルターズがおすすめな人を早く知りたい人」は『ロバート・ウォルターズがおすすめな人』をチェックしてみてくださいね!

目次

ロバート・ウォルターズとは

ロバート・ウォルターズは世界31カ国に拠点を持つ英国発の国際的な転職エージェント(人材紹介会社)です。

外資系の転職エージェントのため、外資系企業とのコネクションが強く、特にグローバル人材(バイリンガル・外国人)の転職に強い特徴があります。

運営会社 ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
公開求人数 約2,000
非公開求人数 非公開
対応エリア 主に関東・関西エリア
主な利用者世代 20代後半〜50代
専門領域 主にIT、電気/電子/機械、金融、秘書/ビジネスサポート、経理/財務、営業、人事、法務、自動車、化学、ヘルスケア、デジタル、小売、エネルギー/インフラ、物流、マーケティング
公式HP https://www.robertwalters.co.jp/

*2024年2月現在

ロバート・ウォルターズの評判・口コミ

良くない評判・口コミ

ここからはロバート・ウォルターズの口コミから巷の評判をみていきましょう。

ロバート・ウォルターズのよくない口コミとして、以下の内容がみられました。

  • 希望と異なる求人が紹介される
  • サポートが手薄
  • コンサルタントの対応がルーズ

希望と異なる求人が紹介される

正社員でマネージャとして働いているのに、「Great Opportunity!」とか言いながら派遣の案件を送ってくる。これがどのようなキャリアアップにつながると思っているのかさっぱりわからない。一度担当者に派遣で働くことは考えてないから送らないで欲しいと言ったのに繰り返し送ってくる。顧客ファーストなのはわかるが、リクルーターとしての信用性価落としていると思う。

出典:Google

1日有給をとって面接に行ったら、言われていたポジションと違った。企業側と私と、お互いにミスマッチで、気まずかったです。非常に使えないコンサルタントだと思いました。

出典:Google

サポートが手薄

基本的に連絡が取れない。帰国子女だかなんだか知らないけどこちらがわからないような一方的な英語を混じえて話してくる。ところどころ英語なのでルー大柴みたいだ。案件紹介も英文でくる。ゴリゴリ外資系を目指してる人ならわかるかも。ただし対応がどの企業よりもいい加減なのでおすすめしない。転職は人生を決める一大イベントなので、この企業のように片手間でやられると迷惑。

出典:Google

コンサルタントの対応がルーズ

電話面談開始時間になっても連絡が来ない(2回中2回)。プロフェッショナルとしての資質を疑う。その上、当人ではなく同社の別の人間から電話がかかってきたのには呆れた(恐らく部署内での情報共有がなされていない)。信頼して任せられないエージェントだと思われても仕方ないと思います。

出典:Google

電話面談の約束をしていたが、開始時間になっても連絡がなかった。また、電話がなかったことについて担当者に問い合わせをしたがレスポンスがなかった。

出典:Google

リクルーターの人柄は総じて良く、案件も多く紹介してくれるが、明らかに登録者のスキルとマッチしていない求人も紹介される。また、リクルーターによっては面談のスケジュールを組んでくれなかったり、個人情報の扱いが杜撰であったり、リンク先が無効な会社のURLを共有したり、とプロとしてどうなの?な態度をとる人もいる。他のエージェントよりはフレンドリーだが、ここも求人票をただ登録者に横流しにするスタイルに近い。面接に行ったとしても、思ったほどのアドバイスは得られない。唯一、英語の練習が出来るのが良い点かな?

出典:Google

たつの
けっこう辛辣な口コミが多く寄せられていました。一方で良い口コミはどうでしょうか。

良い評判・口コミ

一方、ロバート・ウォルターズを利用した人の中には、以下のような良い評判がありました。

  • 他のエージェントと被らない求人を紹介してくれる
  • 外資系求人が豊富
  • 高年収求人がある

他のエージェントと被らない求人を紹介してくれる

いくつかのエージェントに登録している中では、良い方だと思う。最初に面談をしてくれたコンサルタント?以外の方からも案件を送って頂いているが、他のエージェントとは違う案件で且つこちらが求めている企業や仕事により近いものを今のところは紹介していただいています。今後同じようなクオリティでして頂けるかは未知数ですが、いまのところは満足。

出典:Google

外資系や確かに日系企業でも英語を使う求人を多く紹介してくれた。他のエージェントとは違い、かぶっている求人も多くなく、利用する価値があったと感じた。また年収はどの程度まで上げられるか、今残っている候補者は何名いるかといった質問も調べてくれるエージェントだった。また転職する際には使いたい。

出典:Google

外資系求人が豊富

外資系企業への転職を狙うなら悪くありません。エージェントは外国人の方が、外資系転職先の紹介も豊富でした。なお、英語のネイティブスピーカーとの面談は、英語力のレベルチェックも含んでいます。(2018年当時)

出典:Google

高年収求人がある

外国語を話す人材派遣会社です。スタッフさんは若い方が多く、イギリス人、インドネシア人、などインターナショナルです。年収1000万円前後の仕事を紹介してくれます。面接は英語など外国語で行なわれます

出典:Google

その他:感謝しかない

Singapore と東京のRobert Waltersで仕事を紹介してもらったことがある。それぞれの会社でSkill upをすることが出来、現在安定した職につけている。感謝しかないです。

出典:Google

たつの
外資系転職に強いということもあり、他のエージェントがコネクションのない企業の求人を紹介してもらえるのは大きいですね!

ロバート・ウォルターズの弱み・デメリット

ロバート・ウォルターズを利用した人の評判を考慮して、大きく3つのデメリットがあります。

デメリット

  1. 求人数は多くはない
  2. 関東・関西エリア中心
  3. 日系エージェントと比べるとサポートが手薄

デメリット1:求人数は多くはない

ロバート・ウォルターズの公開求人数はおよそ1,600件です。

数字だけ見ると、数万件以上の求人を扱う日系の転職エージェント(リクルートエージェントdodaなど)と比較すると少なく感じてしまいますよね。

ただ、国内には外資系企業の方が圧倒的に少なくて、日本にある会社全体の約0.1%(1,000社に1社)程度です(この辺については以下の記事で詳しく解説しています)。

関連記事外資系企業とは?外資とは〜活躍できる人の特徴までわかりやすく解説

それを踏まえると、ロバート・ウォルターズの求人数は決して少ないとは言えません。

デメリット2:関東・関西エリア中心

ロバート・ウォルターズの国内の拠点は東京と大阪の2拠点です。

そのため、取り扱う求人は勤務地が関東と関西を中心としています。つまり、それ以外の地域を勤務地として探している人はロバート・ウォルターズの利用は事実上向いていません。

ちなみに、公開求人では、15:1で関東の方が求人数が多いです。

デメリット3:日系エージェントと比べるとサポートが手薄

口コミにもあるように、ロバート・ウォルターズのコンサルタントのサポートは手薄の傾向にあります。

ただし、コンサルタントのサポートに満足している人もいるので、担当者によるでしょう。

ロバート・ウォルターズのコンサルタントは英語と日本語を流暢に話せるバイリンガルで、日本人だけでなく海外出身のコンサルタントも在籍しています。

そういった点では、会社の雰囲気も海外文化が強く、サポートにも影響しているのではと実際にロバート・ウォルターズを利用していて感じます。

ロバート・ウォルターズの強み・メリット

たつの
一方のロバート・ウォルターズを利用するメリットは、大きく5つあります。

メリット

  1. 語学力を活かした転職に強い
  2. 外資系転職に強い
  3. チームで求人紹介をしてくれる
  4. 公開求人の年収500万超
  5. 派遣・契約社員の求人紹介もサポート

メリット1:語学力を活かした転職に強い

ロバート・ウォルターズはバイリンガルや海外出身の方など、ビジネスレベル以上の語学力を活かしたい人の転職を得意としています

ただ、ここで気になるのが、「英語を使う仕事をしたいけど、英語ペラペラではないんだけど・・・」とバイリンガルほどの英語力に自信がない場合ですよね。

ロバート・ウォルターズの求人を調べてみたところ、ビジネスレベルの英語のスピーキング力が必要な求人〜特に英語力の条件がない求人までありました。

結果、もちろん、英語が流暢に話せるに越したことはありませんが、必ずしもそこまでのレベルではなく、ビジネスレベルもしくはビジネスレベル未満の英語力でも求人次第では応募可能なものもあります。

メリット2:外資系転職に強い

ロバート・ウォルターズがもつ求人は外資系・グローバル日系企業がおよそ9:1です。

これは外資系のエージェントということもあり、外資系企業とのコネクションが強い表れでしょう。

また、コンサルタントが多国籍でバイリンガルという特徴を活かして、英語ネイティブのコンサルタントが外資系企業の英語面接の練習をしてくれます。

このサポートも外資系企業へ転職をしたい人にとっては、ロバート・ウォルターズを利用する大きなメリットと言えます。

メリット3:チームで求人紹介をしてくれる

転職エージェントというと、担当のコンサルタント一人の単独プレーをパッとイメージするかもしれません。

でも、ロバート・ウォルターズでは、担当のコンサルタントがカウンセリングであなたの希望のキャリアやこれまでの経歴、スキルをチーム内でも共有し、あなたに合う求人があれば、他のコンサルタントから求人案内が届くという、チームであなたのキャリアをサポートする仕組みです。

メリット4:公開求人の年収は500万超

2021年12月現在、公開求人のうち約30-40%が年収500〜800万円台のオファーの求人で、残りの60-70%は900万円超のオファー求人です。

ロバート・ウォルターズでは、このようないわゆるミドル〜ハイクラスの報酬がもらえる求人を多く取り揃えているのは、あなたにとってもとても魅力的ではないでしょうか。

メリット5:派遣・契約社員の求人紹介もサポート

どうしても正社員での転職ばかりみてしまいますが、ロバート・ウォルターズでは派遣や契約社員の求人紹介もおこなっています。

通常の派遣だけでなく、派遣先に正社員・契約社員雇用を前提として上で一定期間派遣社員として働く「紹介予定派遣」としてのオファーも中にはあります。

なので、外資系企業で派遣や契約社員として働くことを視野に入れている人にとっても、ロバート・ウォルターズを利用するメリットがあります。

ロバート・ウォルターズを使ってみた感想

僕自身、外資系企業で働いていて、今後、転職を交えたキャリア形成を考えていますので、ロバート・ウォルターズには中長期的な転職サポートをお願いしています。

たつの
ここでは登録から初回面談など、担当者とコミュニケーションをとった経験を基に辛口で評価していきます!

丁寧な担当コンサルタント

初回面談はMicrosoft Teamsを使ってオンラインで面談でした。

冒頭に担当のコンサルタントからイカを交えてロバート・ウォルターズの簡単な紹介があり、何かエージェントのことで聞きたいことがあれば質問する流れでした。

  • ロバート・ウォルターズのコンサルタントの人数
  • 所属部門の構成・所属のコンサルタントの人数
  • ロバート・ウォルターズの強み

たつの
担当コンサルタントは、ロバート・ウォルターズ4年目(おそらく新卒)のバイリンガルの日本の方で、日本語よりも英語の方が話すのが得意そうでした。

業界用語も難なく使って話していました。やや「今の使い方が違うな」と思うシーンはありましたが。

ただ、口コミにあったような面談をすっぽかしたりはなく、丁寧な対応でした。

グローバル日系企業の情報はもっているけど限定的

希望する業界のグローバル日系企業のことも聞いてみましたが、グローバル日系企業に強みを持つJACリクルートメントやエンワールド・ジャパンがもっている情報の50-60%くらいの情報量でした。

グローバル日系企業の求人も全体の10%ほどはあるようですが、やはり強いのは外資系ですね。

初回面談の終わりに英語ネイティブとも面談

担当コンサルタントとの面談も終盤に差し掛かったところで、「英語ネイティブの他のコンサルタントからごあいさつしたいので、紹介してもよろしいですか?」と聞かれ、Web面談で担当者が英語ネイティブのコンサルタントと入れ替わり、英語で面談しました。

結果的には、求人の紹介を兼ねてのビジネス英語力チェックだったのかなと思います。

これは口コミで他の方も言及していましたね。

「たつのさんをその企業に紹介してもいい?」と聞かれるくらいプッシュは強めだったので、僕も少し熱く「今は考えていない」とプッシュバックしてしまいました。

たつの
利用する際は、プッシュの強いコンサルタントも存在することは想定しておいたほうがよいでしょう。

ただ、僕は英語ネイティブのコンサルタントとは5分くらいしか話していないので、その人の人柄やキャラはすべては把握できていません。

ここまでのロバート・ウォルターズの評判・口コミやメリット・デメリット、僕の実体験を踏まえて、ロバート・ウォルターズをおすすめできる人をまとめてみました。

\こんな人にオススメ/

  • 英語力に自信のある人
  • 外資系企業に転職したい人
  • 年収500万以上を狙っている人
  • 関東・関西の勤務地を希望している人

「外資系企業を目指している人」にはロバート・ウォルターズはおすすめです。

さらに、英語力に自信があれば、バイリンガルのコンサルタントからグローバル人材を必要としている企業に大きくアピールしてもらえるので、よりハイクラスの求人をつかみとることができる可能性が高くなります。

ぜひ、こちらの条件に合ったら、ロバート・ウォルターズを利用してみてください。

\かんたん3分で完了/

※登録後もお金は一切かかりません

ロバート・ウォルターズを上手に利用するコツ

ロバート・ウォルターズの口コミや特徴を踏まえると、上手に利用するコツが見えてきました。

これらを押さえることで、より効果的にロバート・ウォルターズを活用することができますので、ぜひ参考にしてください!

1.自分のキャリアの意向を詳細に伝える

実際に日本人と海外出身のコンサルタントと話してみて、海外出身のコンサルタントの押しが強く感じました

そのため、自分の希望を細かく相手に伝えて、考えを理解してもらうことはとても重要です。

エージェントと面談していると、基本は相手のヒアリングベースで自分の希望やなんでそう考えているかなど話していくことが多いです。

たつの
ロバート・ウォルターズでも同様な流れですが、あなたが必要とする求人を明確にすることで、あなたにとって不要な求人を勧められることを防ぐことができます

2.他のコンサルタントから連絡があることを知っておく

「メリット3:チームで求人紹介をしてくれる」でご紹介したとおり、ロバート・ウォルターズでは同じ担当業界のコンサルタントがそれぞれ担当する企業の求人をもっています。

あなたにマッチすると思ったら、担当以外のコンサルタントからもあなたへ求人の連絡が入ります。。

突然、面識のないコンサルタントから電話やメールがくることは念頭においておきましょう

3.他のエージェントも併用する

他社のエージェントと比べると、ロバート・ウォルターズのコンサルタントのサポート力が弱い傾向です。

たつの
エージェントの求人のカバー率やサポート力を補填するためには、他のエージェントも2-3社併用するのがとても有効です。

外資系企業への転職を強みとするエージェントはロバート・ウォルターズの他にも存在します。

次では、そんなロバート・ウォルターズとあわせて利用したいエージェントをご紹介します。

ロバート・ウォルターズと併用がおすすめなエージェント

ロバート・ウォルターズとあわせて利用したい外資系転職に強いエージェントです。外資系企業への転職におすすめです。

JACリクルートメント 求人の質が高い・誠実なサポートが持ち味
リクルートエージェント 圧倒的な求人数・転職支援実績No.1の転職サポート
doda 豊富な求人・転職者満足度No.1

JACリクルートメント

JACリクルートメント公式サイトトップページ

運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数 約15,000
非公開求人数 非公開(全体の約60%)
対応エリア 全国、海外
主な利用者世代 20代後半〜40代
専門領域 全業界(IT、金融、コンサル、消費財、製薬など)・全職種
公式HP https://www.jac-recruitment.jp/

*2024年1月現在

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラス転職で4年連続オリコン顧客満足度No.1という、利用者の満足度はかなり高いです。

転職相談をして損はない、むしろ登録しないと損するくらい、外資系企業と日系グローバル企業への転職ではおすすめのエージェントです。

コンサルタントが採用企業の人事との連絡窓口となっていて、企業情報を熟知しているため、他のエージェントよりもあなたがほしい企業情報を入手することができます

また、コンサルタントの領域の専門性も高く、誠実にサポートしてくれることもあり、利用者の満足度も高いのが特徴です。

\おすすめポイント/

  • 誠実丁寧なコンサルタントのサポートで満足して転職活動ができる
  • コンサルタントが企業から直接入手した情報をもとに、転職のミスマッチを防げる
  • 過去の面接事例を共有をしてくれ、英語面接も入念な準備と対策ができる

【JACリクルートメントの口コミ】

3人のエージェントの方にお世話になり、3人とも信念をもって対応して下さる、非常に信頼できる方でした。それぞれ担当の企業を最大限アピールするものの、最終的に押し付けたりすることはなく、私にとって納得のいく転職になるようチーム全員でサポート頂きました。
低い評価も多く見られ、大手のため所謂「アタリハズレ」は避けられないのかもしれませんが、私はここで転職のサポートを頂けて幸運だったと思います。
引用:Google

転職活動でお世話になりました。
2名のコンサルタントさんの紹介案件を進め、面談・選考対策等いただきましたがどちらも信頼できる方でした。こちらの希望もしっかりと聞いた上で紹介や交渉をいただけますし、面接後のフォロー等も適切でした。

転職を検討しているならばまず相談を とオススメできると感じていますが、業界・担当者により当たり外れがあるのかもしれません。私自身は今のところ満足していますのでこちらの評価としました。
引用:Google

スカウトから利用させていただきました。
【良い点】
•アドバイザーさんが話しやすい。
•積極的に求人をいただける。
•面接対策をしていただける。

【よくない点】
•分業制なので担当営業のごり押しがキツい人がいる。
•逆に企業担当者が企業を理解していない、スタートアップなどは連携不足がある。
•求人票と選考フローが違っている点がある。

スキルに自信があれば、まあまあ良い気がしました。
引用:Google

\かんたん3分で完了/

※登録後もお金は一切かかりません

関連記事【体験談】JACリクルートメントの評判|外資系大手から内定をとるまで

関連記事【体験談】JACリクルートメントの評判|外資系大手から内定をとるまで

リクルートエージェント

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 365,610
非公開求人数 268,817
対応エリア 全国、海外
主な利用者世代 20代〜50代
専門領域 全業界・全職種
公式HP https://www.r-agent.com/

*2024年1月現在

リクルートエージェントは、驚異的な求人数を保有する国内最大の日系の転職エージェントです。

他社のエージェントが保有していない求人を持っている可能性も高くなるので、初めての転職の人や特に外資系に強いエージェントとの併用におすすめです。

また、リクルートエージェントには、現在の年収が高い転職者を支援する、ハイキャリア・グローバル転職を専門とするコンサルタントも在籍しています。

このハイキャリア専門のコンサルタントは、ヘッドハンターからのスカウトをもらうことのできる転職サービスのビズリーチの中でも、ヘッドハンターとしても活動していて、転職者と企業とのマッチングに長けています。

こういった業界・職種に精通した専門性が高いコンサルタントに担当してもらえるチャンスがあるのもリクルートエージェントの魅力です。

\おすすめポイント/

  • 転職支援実績No.1の経験豊富な転職エージェントのノウハウをもらえる
  • 非公開求人20万超えの国内最大数の求人にアクセスできる
  • 業界・職種に精通した専門性が高いキャリアアドバイザーのサポートを受けられる

【リクルートエージェントの口コミ】

過去も含めて3社利用しましたが、リクルートエージェントが1番親身に聞いてくれた気がします

前回の初転職でもちゃんと話聞いてくれて、導いてくれてる感が1番あったのは上記でした。私の友人も上記で何も妥協することなく今年の2月に転職してます!担当によるとは思いますがそんな感じです

引用:twitter

先日転職サイトってどんなもんだろと思ってリクルートエージェントに登録してみた。んで今日キャリアアドバイザーと電話面談してみたんだけど結構親身に考えてくれてとても良かった!

転職をゴリ押ししてくるわけでなくて今の年収と勤務時間等を伝えたうえで今後の転職先などアドバイスもくれた。

引用:twitter

\かんたん5分で完了/

※登録後もお金は一切かかりません

関連記事リクルートエージェントの評判は?利用すべき人まで利用者が徹底解説

関連記事リクルートエージェントの評判は?利用すべき人まで利用者が徹底解説

doda

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 約20.0万
非公開求人数
対応エリア 全国、海外
主な利用者世代 20代〜40代
専門領域 全業界・全職種
公式HP https://doda.jp/

*2024年1月現在

dodaはリクルートエージェントに次ぐ求人数を保有していて、外資系企業の求人も豊富な日系の転職エージェントです。

キャリアカウンセリングを行うキャリアアドバイザーと、求人を紹介したり企業との交渉役を担ったりする専門スタッフの二面体制で転職をサポートします。

また、dodaは転職エージェントサービスと自分で求人検索ができる転職サイトが一体型になっている特徴があります。

そのため、dodaは初めての転職の人やとりあえず転職サイトだけでも見てみたい人におすすめのエージェントです。

\おすすめポイント/

  • 転職満足度No.1(電通バズリサーチ調べ)のサポートが受けられる
  • 業界2位の求人数にアクセスできる
  • 転職サイトと転職エージェント一体型でストレスなく自分で検索もできる
  • 業界・職種に精通した専門性が高いコンサルタントで安心してまかせられる

【dodaの口コミ】

 

\かんたん5分で完了/

※登録後もお金は一切かかりません

関連記事【徹底解説】dodaの評判は悪い?口コミに踊らされてはいけない理由

関連記事【徹底解説】dodaの評判は悪い?口コミに踊らされてはいけない理由

英語に自信はないけど外資系転職を目指す人におすすめのエージェント

ロバート・ウォルターズは英語を活かして外資系企業へ転職するのに強いエージェントです。

なので、あまり英語に自身がないけど、外資系に転職したい人にはロバート・ウォルターズよりも以下のエージェントが向いています。

JACリクルートメントリクルートエージェントdodaは上ですでにご紹介したので、ここではエンワールド・ジャパンをご紹介します。

JACリクルートメント 求人の質が高い・誠実なサポートが持ち味
エンワールド・ジャパン 外資系に強く丁寧な転職サポート
リクルートエージェント 圧倒的な求人数・転職支援実績No.1の転職サポート
doda 豊富な求人・転職者満足度No.1

エンワールド・ジャパン

運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社
公開求人数 約1,000
非公開求人数 非公開
対応エリア 全国
主な利用者世代 20代後半〜50代
専門領域 主にライフサイエンス、製造、IT、消費財、金融、コンサル
公式HP https://www.enworld.com/

*2024年1月現在

エンワールド・ジャパンは外資系・日系グローバル企業へのミドル~ハイクラス転職に強みを持つエージェントです。

転職まではもちろん、入社してからも状況確認の連絡もあり、転職後に会社に定着して働けるようにサポートしてくれます。

企業の内情にも精通しているコンサルタントが丁寧に対応してくれるので、初めての転職で外資系や日系グローバル企業を目指す人におすすめしたいエージェントです。

また、今ならエンワールド・ジャパンの転職エージェントサービスに登録すると、PROGOSというビジネス英語のスピーキング力を約20分で測れるテストを無料で1回受験することができます

自分の英語のスピーキング力がどれくらいか一度も計測したことない人やこれから英語力を活かして転職したい人は、このタイミングにぜひテストを受けてみてください。

\おすすめポイント/

  • 年収800万以上の求人に常に出会える
  • 無理な転職はすすめられず、あなたにあったキャリアをチームで提案してくれる
  • 転職後も定着のためのサポート・気配りをしてもらえる

【エンワールド・ジャパンの口コミ】

アドバイスはとても的確で、非常に親身になって意見を聞いてくれる。先方からの情報共有もその都度行っていただけるので、とても安心できた。知人におすすめできる転職エージェント。
出典:Google

担当者の方のアドバイスが的確で助かりました。面接に関するアドバイスや、転職前の会社での振る舞い方など、転職活動中における疑問点や不安点を的確に教えて頂けました。希望の転職が叶い、元にいた会社の方々とも円満な関係にいます。とても対応に満足しています。
出典:Google

タイムリーな対応と、該当企業に関する見識の深さについて、非常に信頼できる会社、信頼できるコンサルタントでした。どのコンサルタントも親切丁寧な対応をしてくれます。
出典:Google

業界知識・情報とも他のエージェントより多く、また迅速なご対応により転職を実現できました。ありがとうございました。
出典:Google

\かんたん3分で完了/

※登録後もお金は一切かかりません

関連記事エンワールド(en world)の評判は?効果的な利用方法を徹底解説

関連記事エンワールド(en world)の評判は?効果的な利用方法を徹底解説

ロバート・ウォルターズの利用の流れ

最後にロバート・ウォルターズの利用の流れです。登録はかんたん3分以内で完了します。

step
1
公式サイトへアクセス

まずはロバート・ウォルターズの公式HPへアクセスして、「応募フォームはこちら」をクリックします。

会員登録画面トップ
会員登録画面トップ

step
2
必要事項入力&登録完了

必要事項を入力し、職務経歴書あるいは英語の履歴書を添付して送信で完了です。

会員登録の必要情報入力画面
会員登録の必要情報入力画面

後日、担当のコンサルタントからメールで初回面談のアポイントの連絡がきますので、日程調整をしていきます。

なお、登録には職務経歴書か英語の履歴書が必要となるので、事前にpdfファイルで用意しておくとスムーズに登録が可能です。

もし、はじめての転職で、職務経歴書が手元にない場合は、まずはかんたんな内容でも問題ないのでグーグルドキュメントやwordで作成してみましょう。

あなたがこれまでどんなことをしてきたかがわかるように、最低限以下のような内容を含めましょう。

①会社名+在籍期間
例:2010年4月1日〜現在 〇〇株式会社

②在籍期間中の主な役割と業務内容、実績
例:2010年4月〜2012年2月 〇〇部主任として△△に従事

ロバート・ウォルターズの評判まとめ

以上、ロバート・ウォルターズの評判を解説してきました。

ロバート・ウォルターズは特に英語力を活かして外資系企業へ転職したい人にとっては、とても強いエージェントです。

\おすすめな人/

  • 英語力に自信のある人
  • 外資系企業に転職したい人
  • 年収500万以上を狙っている人
  • 関東・関西の勤務地を希望している人

ロバート・ウォルターズをうまく活用して、あなたの次のキャリアを実現させましょう!

\かんたん3分で完了/

※登録後もお金は一切かかりません

\ この記事が気に入ったらシェアしよう!/

  • この記事を書いた人

たつの

外資系企業で部下なしマネージャー|仕事で使う言語は7-8割が英語|転職サイト・エージェント20社の利用経験|外資転職後に年収500万アップ|純ジャパ、海外留学・在住経験なし、初めての海外旅行25歳|英語力ゼロの状態から英語を話せるようになるために大手日系企業▶︎外資系大企業へ転職成功|外資転職に関するご相談はお問い合わせフォームへ

-外資系転職
-, ,